<   2007年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

2007-1-25
前回から1ヶ月半も過ぎました。その間に、アブラムシがびっしりついているのを見つけたときには「ぎょっ」となりました。青森のりんご農家の方が、殺虫剤の替わりに、酢を薄めて散布している話をテレビで見たのを思い出し、私も真似てみました。間を3日ほど空けて2回散布しました。効果があったようです。東京はまだ雪が降りません・・・お陰でエンゼルランプも元気です。蕾も遅々たる変化ですが膨らみました。今朝、ようやく1個だけランプ状態になったのを発見しました。あら、うれしや。♪♪

d0081485_1654130.jpg

ここで一句 「エンゼルの ランプ灯りて ほのぼのと 冷たき指も 温もりぬ」
[PR]
by nissho3 | 2007-01-25 17:59 | ニッショーの健気さん | Trackback | Comments(0)
全て昨年に仕入れた苗なのですが、年を越しました・・・・あぁ・・・切ない・・・・時は大寒を過ぎたばかり、本当に寒いのはこれからです。でも、寄せ植えをパンジーポットにしてみました。さぁ、どうなりますか。楽しみでもあり不安でもあります。
d0081485_2085672.jpg


別角度から見ると・・・
d0081485_19423233.jpg


コニファー・・・ヒノキ科。コニファーとは、英語で針葉樹のことです。手間をかけずに自然と美しい樹形になる針葉樹類です。コニファーから漂う、癒される香りでで手軽な森林浴を楽しむことが出来ます!

ヘデラ(ゴールデンコリブリ)・・・黄緑色の斑がとてもきれいな葉です。ウコギ科。常緑蔓性低木。北アフリカ、アジア、ヨーロッパ原産。アイビーとも呼びます。性質は強健で、露地植えもできるガーデニング素材にも適した用途の広い植物です。

ゴールデンサン・・・キョウチクトウ科。日本、朝鮮半島原産。ツタのように這う植物です!丈夫で、日向を好みます。夏には花を楽しみ、秋には発色が良く美しい紅葉を楽しめます。

プリムラ(クラウディア )・・・サクラソウ科。多年草。ポリアンより花がやや小さくジュリアンよりやや大きく八重咲きです。宿根草です。冬から春にかけて咲きます。日光を好みます。白色を植えました。

プリムラ(ジュリアン )・・・サクラソウ科。多年草。ポリアンより花がやや小さく、一重咲きです。宿根草です。冬から春にかけて咲きます。日光を好みます。ピンク色を植えました。

ビオラ・・・スミレ科。多年草。冬春花壇に欠かせない清楚な小輪系パンジーです。性質は丈夫で、病気にも強いので作りやすさがあります。
[PR]
by nissho3 | 2007-01-20 20:13 | 我が家の健気さん | Trackback | Comments(2)
ずーっと前から、「写真を撮りたいなぁ」と思いながら、中々チャンスに恵まれずにいた、「綿(ワタ)」を、やっととることができました。その綿は、近所の美容室の入口付近に植えてありました。夏に黄色い花が咲きました。中心部分が、赤紫色で葵にそっくりでした。※綿はアオイ科の植物ですから、当たり前ですね。とてもきれいでした。その花が果実になり、少しずつ裂けて口を開き、中から綿が顔を出すんです・・・・・
美容室の奥様の話では、少し水に浸しておいた種を3月ごろ蒔いたそうです。夏の間、夜になると虫が活動して、葉を食べるので、虫退治に躍起になったとか・・・実がなったら、1つ1つが大事なので、ラップにくるんで保護・・・。きれいに出来上がった綿が店の中に沢山飾ってありました。寒空の下、白い綿は、私をほんのりと暖かくしてくれました。綿が健気というより美容室の奥様が健気です!!


その1:全体像
d0081485_1413465.jpg

























その2:中の綿が少し見えてきた果実のアップ
d0081485_14155572.jpg

















その3:通りがかりの人が面白がって中から引きずり出した?綿のアップ
d0081485_14203434.jpg

























その4:ちなみにこれは、当ニッショーフラワーで売っている、ドライフラワー 
d0081485_1458344.jpg
[PR]
by nissho3 | 2007-01-14 14:35 | 街で見かけた健気さん | Trackback | Comments(2)
唯忙しいだけの年末から2007年になり、正月休みが明け、日常に戻ってで数日が経ちました。昨年の初夏に、鉢3個を1つの背の高いプランターに一緒に植えた「アイビーゼラニューム」です。とても丈夫で、次から次へと花が咲きました。花の無いときはなかったような気がします。一応10月ごろまで咲くことになっているのですが、そんなことはありませんでした。先日の冬の嵐にも耐えて、いくつも花が咲いています・・・

「アイビーゼラニューム」
フウロソウ科。南アフリカ原産。半耐寒性多年草。別名・・ツルテンジクアオイ。葉の形がカエデの葉のように深い切れ込みがあり、葉の表面に毛が少なく茎が細く自然では、立ち上がれない品種です。日当たりと水はけ、風通しの良いところを好みます。ハンギングにぴったりの花ですね。
花言葉・・・真実の愛情  
d0081485_12405887.jpg



アップにしてみました。ここで一句・・・  
「古(いにしえ)の 赤き色した アイビーゼラ 耐え忍ぶ女(ひと) いと美しき」 
d0081485_12535045.jpg

[PR]
by nissho3 | 2007-01-09 13:04 | ニッショーの健気さん | Trackback | Comments(2)

健気に生長する植物の姿紹介。


by nissho3