カテゴリ:我が家の健気さん( 262 )

”皇帝ダリア” 挿し木に挑戦!!  その5 は3月29日でした。

その後、B・D・E の3鉢を C・G 同様に尺鉢にそれぞれ植えました!

※写真は撮りませんでした。

C君とG君は逞しさを増しています。

今朝、残りのF君とH君を一緒に植えました。

というのも、遅れて顔を出したH君は順調に根が絡んでいたのに対し、F君はほとんど根が張っておらず、葉も余り大きくなっていない・・・期待できないかも?って様子だったからです。

植えた直後の画像です。(真上から)
d0081485_09444398.jpg
これですべて植え替えを終わりました。
どの子がどのように育っていくかほんとに花が咲いてくれるか不安もあります。。。
みんな、頑張れー


[PR]
by nissho3 | 2018-04-14 11:34 | 我が家の健気さん | Comments(0)
”皇帝ダリア” 挿し木に挑戦!!  その4 は3月10日でした。

今日はその5です、半月余り過ぎました。

C 君とG君が生長著しい(20cm以上育ちました)のと、連日の20℃ごえのため、本来の植え時4月・5月を待っていなくてもよかろうと判断したため、本日植え替え作業をいたしました。

まず、プラポットから取り出した水苔に絡まるG君の根の状態、ぐるぐる巻きです!もちろんC君も同様でした。
d0081485_17044892.jpg

そして、こちらが、植え替え終えたC君。およびG君。
どんどん大きくなる予定ですので、尺鉢(直径30cm)に植えました。
d0081485_17074804.jpg
d0081485_17091820.jpg
ああ、なんて伸び伸びしたんだろう・・・

「嬉しい!!」って叫んでる気がします・・・


そして、前回7ポットめが発芽したのを、これで最後と書きましたが、”なっ、なんと”、H君が顔を出しました。
地上部分は7㎝ですけど、節がかなり下の方にあり、そこから上へ上へと伸びるのに時間がかったんです・・・・
これはもう健気中の健気だと思います。
d0081485_17142799.jpg

[PR]
by nissho3 | 2018-03-29 17:19 | 我が家の健気さん | Comments(0)
”皇帝ダリア” 挿し木に挑戦!! その3 から10日余り・・・

C君がぐんぐん育ってるのでご報告です。
画像にも書きましたが、なんと18cm!
逞しいです!
d0081485_10240472.jpg
そうしてかなり遅ればせながら、G君も顔を出しました!
高さは5cm程、見づらいですが、対面に小さい芽も出ています。
これで最後でしょう、計7ポット。
後は各々健やかに育ってね~~
d0081485_10264312.jpg

[PR]
by nissho3 | 2018-03-10 11:18 | 我が家の健気さん | Comments(0)
その2から1週間余り。

毎日、ミズゴケの様子を観察し、たまに水分を補給しつつ過ぎました。

そうして、その時は芽が出ていたのが3ポットでしたが、さらに3ポット増えました!
2月18日の時点で
A:1本のみ。 B:2本のうち長い方6cm。 C:2本あり、5cmと4cm。  でした。

今日はこんな感じです。
A:2本目が出ました!
d0081485_17095410.jpg
d0081485_17101567.jpg
d0081485_17103925.jpg
d0081485_17105787.jpg
d0081485_17112333.jpg
d0081485_17114515.jpg
残りのポットは出ないでしょう・・・(無知な私が節を無視したため)

春に土に植えるその日まで頑張りましょう!

球根でありながら挿し木!って初めてで興味深々でございます!

[PR]
by nissho3 | 2018-02-26 17:15 | 我が家の健気さん | Comments(0)
”皇帝ダリア” 挿し木に挑戦!!  

から3週間経ちました。

1月29日の時点で、新芽をのぞかせていたポットの現在は・・・
伸びている方は約6cm。優秀です!
d0081485_11220947.jpg

他にも芽が出て元気な様子です。
d0081485_11241514.jpg
d0081485_11244018.jpg

♪春よ来い!早く来い!♪

[PR]
by nissho3 | 2018-02-18 11:28 | 我が家の健気さん | Comments(0)
昨年の12月5日に”皇帝ダリア”の記事を書きました。

悲しいことにとうとう花を見ることはできませんでした・・・

今回で”皇帝ダリア”関連は4回目かと思います。

さぁ、挿し木に挑戦!! です。

トリビアの花」サイト様より抜粋です。
皇帝ダリアの増やし方!挿し木・株分けの方法を解説!

挿し木の場合、12月頃の地上部が枯れる前に行います。

地上部が既に枯れてしまった場合の挿し木は不可能なので、花が枯れ落ちた時点で行うと良いでしょう。

用意するもの≫
ノコギリ・糸鋸など挿し木用のポット ミズゴケ 水受け皿


  • 花が終わったら、挿し木したい分だけ地上部に残して切る。
    (最初は30~50cmが適切)
  • 節を一つに対して上3~5cm・下7~10cm程度の間隔で切っていく。
  • 水をしっかり浸み込ませた ミズゴケを切り取った節に巻きつける。
  • 下側を節まで入るようにポットへ入れる。
  • 受け皿の中に挿し木をしたポットを並べ、 定期的に水をやること。
  • 節から新芽が出るのを確認しつつ、 風通しの良いところで霜が降りなくなるころまで保管する。
  • 4~5月頃にミズゴケの付いたまま植えつける。

    ≪注意すること≫

    保管中の水やりは、ミズゴケが乾燥しないように注意すること。

    上げすぎると茎が腐ってしまうので、 受け皿に水が溜まらない程度に与えましょう。

    ポットに挿し木をする際、 上下を間違えないようにしましょう。

    不安な場合は切り取ってすぐに、 油性ペンで上下のマークを入れるといいですよ。


    とりあえず、ここまで忠実に行ったつもりです。

    昨年12月22日。【のこぎりでカット】

    d0081485_10533739.jpg
    【輪切り状態を上から】
    d0081485_10544113.jpg

    1月26日。【ミズゴケを巻き付け、ポットへ】こんな感じ↓で12個並べました。
    d0081485_11034505.jpg
    そのうちの1個のアップ。※芽が少し育ってるような・・・
    d0081485_11055790.jpg

    今後は 以下に注意し管理を続けます。 
    うまくいきますように・・・・

    挿し木の場合は、水やりのタイミングを誤らないようにしましょう。

    あげすぎて腐らせないように することはもちろんですが、
    挿し木は直後から新芽がどんどん出てきます。

    枯らさないようにも気を付けてください。

    ※ただ 節から新芽が出る ということは節のないものは芽が出ない!ってことか??? 節のない物数個あり!


  • [PR]
    by nissho3 | 2018-01-29 11:13 | 我が家の健気さん | Comments(0)
  • 以前に書いた”皇帝ダリア”の話はこちら↓
    • 皇帝ダリア” 2年目の春

      ...皇帝ダリア”に魅せられて、早や3年・・・2016.11.14暫く咲き続けましたが、教科書どおり霜の季節になりますと、忽ちしおれたようになり沢山の蕾を残しつつ花の時期を終えました。やむなく鋸で切り倒し、枯葉等を足元に敷き来春に備えました。↑が...            2017/04/29


    • 皇帝ダリア”に魅せられて、早や3年・・・

      ...皇帝ダリア”を見たのは3年前の秋、車で実家に帰る途中でした。お庭に咲いている家が何軒もあったんです。あの木みたいのなんだろう?紫色の花、初めて見た!  と興味深々でありました。実家の庭にも咲いていたので、又びっくり!後で友達に聞いたら、「今... 2016/11/21


    • ~~~~~~~~
      今年も春からぐんぐん育ち、二股に分かれながら幹はがっしり、高さは2Mを越し、何の問題もないように思われていたのですが、ふと気が付けばもう12月ではありませんか!

      本来ならこんな感じのはず。
      d0081485_10482979.jpg
      でも、でも、我が家の皇帝君は・・・
      d0081485_10440315.jpg
      何処をどう見ても蕾がない!!

      これはいったいどうしたのか?

      夏の長雨のせい?はたまた気づかぬうちに虫がついた?

      霜が降りる時期はもうすぐそこに・・・・今年はもうだめだね・・・あぁ、ごめんなさい・・・


      花の画像をお借りした、黎明彩香の皇帝ダリア花物語 様 にとても詳しく育て方などを書いていらっしゃいます、そちらから一部抜粋いたします。

      ■ 皇帝ダリアとは
      ダリアの原種でもあり、メキシコ原産・ダリア属の多年生植物です。
      別名、木立(こだち)ダリアとも呼ばれています。
      日照時間が短くなる11月頃に花をつける短日植物で、大きなものでは、高さ5m、花の直径が30cmにもなり12月まで楽しめます。
      そのためか、強風に合うと茎が折れることがあり、また虫が付きやすく、けっこう気難しがりやさんのようです。



      又、ガーデニング花図鑑 様の”皇帝ダリア”のページには
      管理場所・日当たり
      日当たりのいい場所で植えつけます。
      街灯に注意
      皇帝ダリアは短日植物で、昼の時間が短くならないと蕾がつきません。蛍光灯などの人工の明かりでも「昼」だと認識します。街灯の近くや部屋の明かりがいつも当たるような場所では、街灯の明かりを「昼」と勘違いして蕾がつきにくくなります。人工的な明かりが当たらない場所に植えてください。


      昨年と環境は変わってないから街灯も関係ないのでは?と思うのですが・・・

      よもやの事態です・・・・

    [PR]
    by nissho3 | 2017-12-05 17:25 | 我が家の健気さん | Comments(0)

    本来なら暑い8月から咲きだす”酔芙蓉”スイフヨウの花が9月のお彼岸になって、やっと咲きだしました!

    蕾はいくつもついているのになぁ・・・とほんとに咲くか心配でした。

    今年の夏は雨ばかりのせいでしょうか?他の花も少し遅いような気がします・・・

    なにはともあれ、きれいな清純なイメージの花で約10cmの写真です。

    d0081485_17045121.jpg

    ーデニング花図鑑
     様より抜粋です。
    科名:アオイ科
    学名:Hibiscus mutabilis
    みずやり:水を好む
    場所:外の日なた
    アオイ科の
    低木。春に苗を植え付け、春から夏にかけて生育、夏に花が咲きます。通常の芙蓉よりも寒さに弱く、暖地だと戸外での越冬が可能、関東以北では冬は室内管理。
    真夏にスイフヨウが咲くと、午前中からすでにピンク色に染まる。一本の木に白い花とピンクの花が多種多色咲いているように見えます。スイフヨウは芙蓉よりも花期が遅いです。

    芙蓉(フヨウ)の園芸品種。朝に花が咲いて徐々にピンク色に染まり、夕方から朝方にかけて赤くなり、しぼんでしまいます。その色合いの変化が「酔っぱらっている」ように見えることから、酔芙蓉と呼ばれます。八重の花を咲かせます。寒さに弱いです。

    その「酔っぱらっている」ように見えるしぼんだ花の写真がこちら!
    だらしなく酔っぱらったおじさんの(^◇^)です。。。
    d0081485_17255506.jpg














    [PR]
    by nissho3 | 2017-09-24 17:28 | 我が家の健気さん | Comments(0)
    7月23日のこと、あなたは”ライムポトス”ですよね? という記事を書きました。

    どなたからも何のご指摘もないまま2か月近く過ぎました。

    大き目な鉢に植え替えたので、のびのびと葉を広げ、まだつるはできてませんが、観葉植物らしく回りに癒しの空間を作っています。

    新しい葉が見事なライム色に輝いています!

    何となくもう一度、画像検索してみました。

    だって、ポトスの葉形と少し違うんだよなぁ・・・とずっと不安だったから・・・

    そして”フィロデンドロン・マレービューティーなのでは?と気づきました!
    d0081485_15321930.jpg
    ライム色の葉の輝き!きれいですねぇ。
    d0081485_15331027.jpg

    花と観葉植物(葉っぱの岬)様より抜粋いたします。
    学名:Philodendron ’Malay beauty’
    別名:フィロデンドロン・レモンライム
    科・属名:サトイモ科・フィロデンドロン属
    原産地:園芸品種
    分類:つる性多年草
    寒さ:弱い(10度以上)
    暑さ:強い
    日照:明るい日陰
    耐陰性:あり

    熱帯アメリカに200種類ほどあるフィロデンドロンの仲間で、フィロデンドロン・マレービューティーという園芸品種です。葉がライム色をした明るい感じをした美しい観葉植物で、別名にレモンライムという名前で売られたり紹介されている事があります。苗の頃は直立して育ちますが、次第に蔓を伸ばして育ちます。

    置き場所

    強い日差しを避けた明るい所で育てます。耐陰性が強いので明るい日陰でも育ちますが、あまりに暗いと貧弱に育つので、出来るだけ明るい所で育てるようにします。熱帯の植物で冬の寒さには強くないので、秋の最低気温が15度を下回ったら室内へ入れ、冬は最低気温10度以上のできるだけ暖かく明るい所で冬を越させます。


    ちなみにポトスは
    科・属名:サトイモ科・エピプレナム属
    原産地:南太平洋ソロモン諸島
    分類:常緑つる性植物  

    同じサトイモ科だし非常に似ている訳ですけど、お詫びいたします。

    [PR]
    by nissho3 | 2017-09-17 15:45 | 我が家の健気さん | Comments(0)
    ”フウセンカズラ”の生長記録 ⑨ は7月21日でした。

     ですので今日は⑩になります。

    あの時の種5個は水につけて、2日後に、元プランターの空いているところにまいてみました。

    そして、1週間もしないうちに1個発芽、しかも6cmになってたんです!
    ※7月27日
    d0081485_15030446.jpg
    そしてさらにもう1個発芽、こちらは出たばかり 
    翌々日※7月29日
    d0081485_15055325.jpg
    いやぁ、驚きました!こんなに早く次世代にお目にかかれるとは!!!



    [PR]
    by nissho3 | 2017-08-02 15:07 | 我が家の健気さん | Comments(0)

    健気に生長する植物の姿紹介。


    by nissho3