「ジャックと豆の木」ってご存知?② 種がしぼんできたよ!

「ジャックと豆の木」ってご存知??知ってビックリです。の続きです。

購入してから2週間経ちました。

種(豆)に変化が見られます・・・

すこぉし、縮んできました。

ご覧くださいませ。
d0081485_1212996.jpg


『ジャックと豆の木会』公式ホームページ様より抜粋いたします。
■ジャックと豆の木とは?
  当会では通称・ジャック
学 名
:Castanospermum australe Beany
分 類
:マメ科・一属一種の常緑高木
一般名
:モートン ベイ チェスナッツ、ブラックビーン
別 名
(商品名等)
:オーストラリアンチェスナッツ、オーストラリア(ン)ビーンズ、マジックシェード、グリーンボール、アマゾンエッグ、ジャイアントビーンズ、ジャンボビーニー、ラッキービーン、おかしな豆の木、ジャックと不思議な豆の木、緑宝石(Lu bao shi=中国語でエメラルドのこと)、招財進寶樹 (中国では開運グッズになってるらしくて、育ったら枝に飾りを吊したりするそうです)

●常緑高木、非耐寒性。
樹高40mになる。
葉は光沢があり樹皮は粗く内側に香りがある。
春~夏に黄色い花が総状花序に咲き、日時がたつとオレンジや赤い花になる 。
秋には大きな茶色い種子が3個以上はいった莢が実る。(花は5~20m以上の大木に咲くと言われている) 
自生地は川岸の森林、オーストラリア北東部、パプアニューギニア、ソロモン群島などの亜熱帯地方。
多少の霜には耐える。

<苗から育てる>
※市販の小さい苗(高さが20cmに届かない物)には、成長を押さえる『矮化剤』が使われている場合がほとんどです。その場合、しばらくは目覚ましい伸びは見られませんので、不用意に多肥(活性剤の与え過ぎ等)にしないようにお気をつけください。

●置き場所 ……日本では室内での管理がしやすい。室内光で十分。夏場は外でも大丈夫。冬は室内で管理すれば温度が低くても越冬する(冬の管理:別記↓)

●普段の管理 ……水やりは表面の土が乾いてから。月に1回程液肥などを施す。真夏以外は日光浴をさせてやると葉色が良くなる。


~~~等など参考にしつつ(ありがとうございます)見守り続けないとね。。。
    もうちょっとしたら、肥料もあげなきゃ!!!
[PR]
トラックバックURL : https://nissho3.exblog.jp/tb/22119712
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by nissho3 | 2015-09-06 12:03 | 我が家の健気さん | Trackback | Comments(0)

健気に生長する植物の姿紹介。


by nissho3