<   2017年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

かなり前から "サンカヨウ"の花 にあこがれていました!

漢字では、[山荷葉]

5月28日(日)から29日(月)の一泊二日のツアーに参加してきました。

"サンカヨウ"の開花期は5月下旬。

"サンカヨウ"の花に会えそうな正しくドンピシャなスケジュールでしたので・・・

場所は新潟県湯沢高原のアルプの里です。

前日が雨だったらしくあたりはしっとり・・・

いた、いた。チラホラと咲いていましたよー。
d0081485_11274574.jpg
右側下方の花ビラが少し透明ががっていますね。

残念ながら完全に透明というのは無理でしたが、会えただけでうれしい!!!

因みに透明だったらこんな感じです! 
※【摩訶不思議な花】濡れると“透明”になる「サンカヨウ」がまるでガラス細工 様よりお借りしました。
d0081485_11370084.jpg
ねぇ、素敵でしょう!摩訶不思議な世界です!心洗われます!!

メギ科サンカヨウ属の多年草で、直径2cmほどの白い花を数個つけるこの花。

花言葉は「親愛の情」。

詳しくは上記のサイト様をご覧ください。


そのほかには
みつけイングリッシュガーデンで薔薇の花
d0081485_11432507.jpg
リヤカーの寄せ植え
d0081485_11440296.jpg
当間高原のスイートロケット
d0081485_11454870.jpg
ルピナス
d0081485_11461748.jpg
等などいろんな花たちととの出会いを楽しんできました。

[PR]
by nissho3 | 2017-05-31 11:47 | 街で見かけた健気さん | Comments(0)
”ジャックと豆の木” の話はこちらから。。

今年も春先に新しい葉が出てきました! ※5月半ば過ぎ。

とても元気です!
d0081485_10233039.jpg
で、本日はその足元に何やら不思議な物体が! 三枚の葉っぱが!!

はじめは何やら不明で、豆の仲間かしら??って感じでした!

アップです。
d0081485_10251803.jpg
 
~~~~~
数日経ちました・・・

怪しげな茎は毎日1㎝ずつ長くなり、葉色は日ごとに緑が濃くなり・・・

三つ葉のクローバーに違いない!と思ったわけです。

何故”ジャックと豆の木”の鉢に侵入したか、謎です!
d0081485_10393782.jpg

因みに本体の"ジャックと豆の木"の新葉はこんなになりました。。。
d0081485_10422367.jpg

[PR]
by nissho3 | 2017-05-27 10:32 | 我が家の健気さん | Comments(0)
”フウセンカズラ”の生長記録 ③ A君たち順調です  は5月14日でした。

今日は第4回目

確実にしっかり育ちそうなものは4本。

この子たちだけに絞ります・・・

背丈は20cmを越えました! つるも出来てきました。

今日のA君です!
d0081485_09573363.jpg
もう少ししたら支柱をたてねば!!

[PR]
by nissho3 | 2017-05-26 10:45 | 我が家の健気さん | Comments(0)
金盞花(キンセンカ)の生長日記 :その3 は5月14日でした。

あの時は蕾が顔(^◇^)をのぞかせていました。

今日はあれから10日余り・・・ 第4回です。

あの蕾は咲き切り、今日は黄色の花も開いたので写真を撮りました!

蕾のアップ
d0081485_09385046.jpg

大きく開いた花 ※ブレブレですみません
d0081485_09403368.jpg

全体像を出したかったのですが、葉の大半をアブラムシにやられてしまい、見苦しいので花だけにしました・・・

[PR]
by nissho3 | 2017-05-25 10:34 | 我が家の健気さん | Comments(0)
調べたら過去に”テイカカズラ”の記事が11もありました・・・

本日12回めです。

昨日、このまま真っ直ぐ行けば川越街道に出るという所に左に進む道があり、何気にどこに続いてるのか確認するべく進んでみました。

で、あるお宅が”テイカカズラ”による塀の装飾してたんです!
d0081485_10352762.jpg
上に続く部分
d0081485_10355946.jpg
ややアップ
d0081485_10362935.jpg
かなり近づいて・・・
d0081485_10365910.jpg
雰囲気が伝わりましたでしょうか?

10m以上あるのでは?という長い塀全体を覆いつくす感じでした・・・

こんな大量を見たのは初めてで感激してしましました!

例によってヤサシイエンゲイ様より
科名:キョウチクトウ科
学名:Trachelospermum asiaticum
原産地:日本 朝鮮半島
つる長:2m-10m
開花期:5月-6月

難易度バー バー バー バー バー (やさしい)
耐寒性バー バー バー バー バー (つよいほう)
耐暑性バー バー バー バー バー (ふつう)

日本(本州の秋田より南、四国、九州)に自生するつる性の花木で、山野の他、人里近くでも普通に見ることができます。茎はつる状で細長く伸びそのままでは直立することができませんが、茎のところどころから「気根」という根を出し、それを他の木の幹や岩、フェンスなどにくっつけてはい登ってきます。大きくなると10m近くの高さまで登り、茎の太さも直径3~4cmになります。

初夏になると、直径2cmほどの白やピンク色の花を咲かせます。開いた花は花びらごとにやや角度が付いて回旋して船のスクリューのような形になっています。わっとたくさん咲くとキレイです。

因みに我が家の鉢はチラホラ程度咲いてます。
昨年のようにはなりそうもありません・・・


[PR]
by nissho3 | 2017-05-19 11:27 | 我が家の健気さん | Comments(0)
遡ること2か月ぐらい・・・

ある日、そそっかしい私は”青年の木”を転がしてしまいました・・・

4本枝があったのですが、2本折ってしまいました・・・

葉は青々しているし、可哀そうだったので花瓶に挿してあげました・・・

たまに水換えをしているうちに根が伸びてきました・・・

ある程度長くなったので、昨日鉢に植えてあげました・・・
d0081485_18281829.jpg

左側のA君。植える前の姿です。
高さは30cmほど、一番長い根は5cm以上あります。
d0081485_20240407.jpg

右側のB君。
高さは40cmほど、A君に比べると根の長さも短いし量も少ないです・・・
d0081485_20500506.jpg


このように、花瓶に挿して発根させるのを、水挿し というらしいです。

でも、いきなり土に挿す=挿し木 の方が一般的なようです。

しかも、葉がない状態の幹でもできるらしいです。それを 幹挿し というらしいです。※幹を好きな長さに切って(一般家庭で育てられる限度として15cmくらいから1.5mくらいまでの間)用土を入れた鉢にしっかりと幹を挿す。

私は何も知らなくて、調べもしなくて植えるところまでしてしまいましたが、
「ユッカの挿し木は簡単!切り戻した小枝を大きく育てる技」様にとても丁寧に書かれていました。

これからは良い気候で植え替えや挿し木にもってこいになります。

チャレンジなさる方は参考になさってください。


例によってヤサシイエンゲイ様 より抜粋。
ユッカ(キジカクシ)科 学名:Yucca用途 鉢植え
難易度 バー バー バー バー バー(そだてやすい)

耐寒性 バー バー バー バー バー(ややよわい)

ユッカは北アメリカ~中央アメリカにおよそ50種が分布する樹木もしくは多年草です。日本では古くから庭園樹として数種類が広く利用されており、近年では観葉植物としても親しまれています。


~~~~~~~~~~~~~~~~~

d0081485_20590697.jpg

”青年の木”とは関係ないですけど、昨日は母の日でしたね、娘がプレゼントしてくれたミニブーケ。

定番のカーネーションメインのポップでまあるいブーケです。

有難う!

[PR]
by nissho3 | 2017-05-15 20:50 | 我が家の健気さん | Comments(0)
金盞花(キンセンカ)の生長日記 :その2  2017.4.27   
から半月余り経ちました。

金盞花(キンセンカ)もすくすくと育っています。

特に大きくなっているのは背丈が20cmを越え、可愛い蕾がのぞいています!
d0081485_10275178.jpg
蕾のアップ
d0081485_10372685.jpg
いつ頃オレンジ色の花を見られるかな?

[PR]
by nissho3 | 2017-05-14 11:48 | 我が家の健気さん | Comments(0)
”フウセンカズラ”の生長記録 ②  2017.4.28  から半月余り過ぎました。

現在元気に育っているのは6本です。※これ以上は発芽しないかも・・・確率悪いです・・・

で、A君が特に元気なので写真を掲載いたします。
d0081485_10133566.jpg
足元もしっかりしていますし、高さは10cm弱になっています。

昨日は一日中雨だったので、
植物にとってはとっても嬉しいみたいで、葉の一枚一枚が笑っているみたいに感じます。





[PR]
by nissho3 | 2017-05-14 11:09 | 我が家の健気さん | Comments(0)

健気に生長する植物の姿紹介。


by nissho3